40代過ぎから加齢臭が出るなんて聞くと、多少なりとも心配になりますよね。
実は周りの人にクサいと思われているんじゃないかと、不安に感じてはいませんか?

ここではそんな、加齢臭の自覚がないあなたのために、加齢臭のニオイの特徴や発生場所についてご紹介します。

もしも本気で体臭ケアをするつもりなら、まずは臭いの正体を暴くことから始めましょう。
なぜなら体臭はその種類によって、臭い物質や発生場所が違うからです。
つまり体臭の特徴を知ることは、適切なケアをするための第一歩となるからです。


加齢臭のニオイの特徴


枯草 イラスト

まず最初に、加齢臭ってどんな臭いなんでしょうか?
よく、「枯草のようなニオイ」や「古本のようなニオイ」と例えられます。
どちらかといえば、「モワッ」とにおう感じです。

あくまでも例えなので、人によっては感じ方が違うかもしれません。
なので、「カビ臭い」「油臭い」「古いろうそく」「古い畳」「干し草」なら似ているので、加齢臭かもしれません。

でも、「うんこの臭い」「カレーの匂い」「にんにく臭い」「ネギ臭い」「パンの匂い」「ホコリ臭い」「鉄臭い」「尿の臭い」なら、それは加齢臭ではない可能性が高いでしょう。

加齢臭の発生メカニズムは、皮脂の酸化です。その結果生まれたノネナールが、ニオイの原因物質となります。
この事実からも、「油系のニオイ」は加齢臭の可能性があります。

皮脂の分泌には男性も女性もありません。したがって、女性でも加齢臭は発生します。
また、女性も更年期を過ぎれば、加齢臭は年々強くなります。
理由は、皮脂の過剰分泌を抑えていた女性ホルモンが減少するからです。


加齢臭の発生場所


加齢臭の発生場所 イラスト

加齢臭は、皮脂の酸化によって作られるノネナールがニオイの原因となります。
したがって加齢臭の発生場所は、皮脂が多い場所です。
つまり、「頭」「顔」「首」「脇」「胸」「背中」などの上半身です。
中でも顕著な部位が、胸や背中などの体幹部です。

「後頭部」や「耳」から匂う体臭は、加齢臭ではなくミドル脂臭の可能性も考えられます。
したがって枕が匂う原因は、加齢臭とミドル脂臭の両方が考えられます。

「手」など身体の末端からから匂う体臭は、加齢臭ではない可能性が高いでしょう。


加齢臭はいつから出始める?


加齢臭の発生時期は、40代以降から強まり50代半ば以降から本格化すると言われています。
ただしこれは、あくまでも一般的なケースです。
20代や30代でも加齢臭が発生するケースはあるので、年齢が当てはまらないからといって、加齢臭ではないと決めつけるのはヤメましょう。


加齢臭を減らす食べ物


加齢臭の元々の原因は皮脂なので、まずは脂っこい食べ物を減らしてみましょう。
そして、酸化を抑制する食べ物を積極的に摂りましょう。

例えば、ビタミンCを多く含む柑橘類、ビタミンEを含むカボチャやアーモンド、ポリフェノールを含む豆乳やごまなどです。


自分の加齢臭を確認する方法


加齢臭のニオイの特徴や発生部位が分かっても、自分では分からないかもしれません。
特に加齢臭の場合は、ニオイが顕著な発生場所が胸や背中なので、自分の鼻を近づけるのがムリだったりします。

そんな場合は、パートナーや家族に確認してもらってもいいでしょう。
ただし、自分では自分のニオイが自覚できないように、パートナーや家族でもわからない可能性は充分あり得ます。
したがって、パートナーや家族から「におわない」と言われても確信は持てないということは覚えておきましょう。


体臭を測定する方法


オドレート 体臭測定キット 画像

そんな場合は、専門家に聞くのが一番です。
実は、体臭を測定する方法があるんです。

Tシャツを1日着て郵送するだけで、臭気判定士と機械が体臭を徹底的に分析してくれます。
ニオイの種類、発生場所、ニオイの強さ、周りの人に与える不快感の強さなどが分かります。

客観的に数値化されるので、ニオイが可視化されます。
しかも体臭の分析だけでなく、最適なケア方法まで提案してくれるんです。

実は今、そんな体臭測定サービス「オドレート」が注目されています。

オドレートの口コミ


イカダで遭難した男性 イラスト

適当なデオドラント製品を適当な部位になんとなく使うのは、地図を持たずに航海に出るようなモノです。
当てずっぽうで場当たり的な体臭ケアでは、満足できる効果が得られる可能性は低いでしょう。
体臭サプリが「効かない」「効果なし」と感じているなら、理由はコレかもしれません。

ですがもし、体臭の正体が何でどこから発生していてどれだけ強いのか、対策するべきニオイの詳細が分かっているなら、結果は違ってくるでしょう。

客観的なデータでゴールまでの道筋が分かれば、あとはその通りに実践するだけでOKです。
加齢臭のおすすめ対策方法の第一歩は、体臭測定です。

もし仮に体臭はしないという検査結果が出たなら、それは単に気にしすぎだったということで安心できます。
自分の体臭が気になったままだと、日常生活でのストレスは膨らむ一方です。

「自分は臭いんじゃないか?」という思い込みは過度なストレスとなり、悪化すれば「自臭症」という心の病気になってしまうケースもあります。

心の病にならないためにも、コレを機にあなたの体臭を科学的に分析してみませんか?


⇒ 自宅でできる体臭測定キット『odorate』