30代過ぎからミドル脂臭が出るなんて聞くと、多少なりとも心配になります。
実は周りの人にクサいと思われているんじゃないかと、不安に感じてはいませんか?

ここではそんなミドル脂臭の自覚がないあなたのために、ミドル脂臭のニオイの特徴や発生場所についてご紹介します。

もしも本気で体臭ケアをするつもりなら、まずは臭いの正体を暴くことから始めましょう。
なぜなら体臭はその種類によって、臭い物質や発生場所が違うからです。
つまり体臭の特徴を知ることは、適切なケアをするための第一歩となるからです。


ミドル脂臭のニオイの特徴


天ぷら イラスト

まず最初に、ミドル脂臭ってどんな臭いなんでしょうか?
よく言われる具体的な例が、「使い古した油のようなニオイ」です。

ミドル脂臭の原因物質はジアセチルといって、汗や皮脂が皮膚常在菌によって分解されることで発生します。
また、ジアセチルが皮脂に含まれる中鎖脂肪酸と混ざることで、より強力なミドル脂臭に変化します。
男性は自覚しにくいですが、女性は気付きやすくしかも不快に感じるニオイです。

ジアセチルの発生に関わる皮膚常在菌とは「表皮ブドウ球菌」と「黄色ブドウ球菌」で、汗中の「乳酸」を取り込み代謝することで発生します。

ジアセチルは、食品等にも含まれます。
「バター」「ヨーグルト」「チーズ」などの発酵食品の主な臭気成分だったりします。
また、ビールや日本酒など酒類の香りや風味を損なうオフフレーバー成分(つわり香)としても知られているそうです。

ジアセチルはニオイも強く、酢酸の1/120でもニオイを感じるほどです。

出典:マンダム


ミドル脂臭の発生場所


ミドル脂臭の発生場所

ミドル脂臭の発生場所は、頭頂部から後頭部と首の後ろ付近が中心です。
枕が匂うなら、高確率でミドル脂臭が原因だと思われます。


ミドル脂臭はいつから出始める?


ミドル脂臭の発生時期は、30代から40代と言われています。
ただしこれは、あくまでも一般的なケースです。
20代でもミドル脂臭が発生するケースはありますし、女性も発生します。
性別や年齢が当てはまらないからといって、ミドル脂臭ではないと決めつけるのはヤメましょう。


ミドル脂臭の対策方法


ミドル脂臭の特徴が分かったので、効果的な対策と効かない対策が見えてきました。

まず最初に、ミドル脂臭の対策にスプレーやクリームなどのデオドラント製品では効果が期待できません。
主な発生部位が頭なので、デオドラント製品の選択肢はシャンプーの一択です。

実はマンダムの研究によって、フラボノイドを含有する数種の植物エキスが、皮膚常在細菌によるジアセチルの発生を効果的に抑制することが発見されました。
「カンゾウ」「ケイヒ」「クスノハガシワ」「ユキノシタ」「ビルベリー」などです。
シャンプーを選ぶ際には、フラボノイドが含まれるかどうかがミドル脂臭対策の要になります。


ミドル脂臭の効果的な対策とは、ジアセチルの発生を抑制することと言えます。
対策としては、「汗の中の乳酸菌量」と「皮膚常在菌による分解」の2つへのアプローチが有効です。

汗腺の働きが低下すると、汗の中に乳酸が分泌されやすくなります。
逆に言えば、汗腺の働きが活発なら乳酸菌量を抑制できます。

乳酸の発生自体は食べ物でも抑制できます。
クエン酸や酢酸を含む酸っぱい食べ物が有効なので、「柑橘類」「梅干し」「酢」などを意識的に摂るといいでしょう。
また、脂っこい食事を減らせば皮脂量の抑制にもつながるので、強力なミドル脂臭への変化を防げます。

有酸素運動をしてお風呂に入って、しっかり疲労回復して酸っぱい食べ物を食べましょう。
シャンプーも忘れずに!


自分のミドル脂臭を確認する方法


ミドル脂臭のニオイの特徴や発生部位が分かっても、自分では分からないかもしれません。しかも男性が自覚しづらいという特徴もあります。
ミドル脂臭の主な発生場所は頭頂部や後頭部なので、自分の鼻を近づけるのもムリです。

そんな場合は、パートナーや家族に確認してもらってもいいでしょう。
ただし、自分では自分のニオイが自覚できないように、パートナーや家族でもわからない可能性は充分あり得ます。
したがって、パートナーや家族から「におわない」と言われても確信は持てないということは覚えておきましょう。

ちなみに、ミドル脂臭の場合は特に枕が匂うケースがよくあります。
また、男性より女性の方が不快に感じやすいので、女性に聞いてみる方がわかりやすいです。


ミドル脂臭を測定する方法


オドレート 体臭測定キット 画像

ミドル脂臭がするかどうかよく分からない場合は、専門家に聞くのが一番です。
実は、体臭を測定する方法があるんです。

Tシャツを1日着て郵送するだけで、臭気判定士と機械が体臭を徹底的に分析してくれます。
ニオイの種類、発生場所、ニオイの強さ、周りの人に与える不快感の強さなどが分かります。

客観的に数値化されるので、ニオイが可視化されます。
しかも体臭の分析だけでなく、最適なケア方法まで提案してくれるんです。

実は今、そんな体臭測定サービス「オドレート」が注目されています。

オドレートの口コミ


イカダで遭難した男性 イラスト

適当なデオドラント製品を適当な部位になんとなく使うのは、地図を持たずに航海に出るようなモノです。
当てずっぽうで場当たり的な体臭ケアでは、満足できる効果が得られる可能性は低いでしょう。
体臭サプリが「効かない」「効果なし」と感じているなら、理由はコレかもしれません。

ですがもし、体臭の正体が何でどこから発生していてどれだけ強いのか、対策するべきニオイの詳細が分かっているなら、結果は違ってくるでしょう。

客観的なデータでゴールまでの道筋が分かれば、あとはその通りに実践するだけでOKです。
ミドル脂臭のおすすめ対策方法の第一歩は、体臭測定です。

もし仮に体臭はしないという検査結果が出たなら、それは単に気にしすぎだったということで安心できます。
自分の体臭が気になったままだと、日常生活でのストレスは膨らむ一方です。

「自分は臭いんじゃないか?」という思い込みは過度なストレスとなり、悪化すれば「自臭症」という心の病気になってしまうケースもあります。

心の病にならないためにも、コレを機にあなたの体臭を科学的に分析してみませんか?


⇒ 自宅でできる体臭測定キット『odorate』