ワキガなのかどうか不安なあなたのためにここでは、主にセルフチェックでの判断材料となる情報を提供します。

私は医師でもなければ専門家でもないので内容はまとめ記事となりますが、その中で気付きもあったので、あわせてご紹介します。

また、医療関係者ではないからこそ、治療以外の選択肢も提示できます。


ワキガとワキ臭の違い


まず最初に、ワキガとワキ臭は違います。
同じワキから出る汗でもワキガはアポクリン汗腺、ワキ臭はエクリン汗腺から出る汗が原因です。

エクリン汗腺から分泌される脇汗は、サラサラしてその成分のほとんどが水分です。
そのため汗自体が匂ったりはしませんが、皮膚常在菌によって分解されると、アンモニアや酢酸が作られます。
これが、ワキ臭の原因になります。

一方、ワキガの原因になる汗はアポクリン汗腺から分泌され、ベタベタしていて粘りっけがあります。
汗の中には「脂質」「糖質」「タンパク質」「アンモニア」が含まれ、これらを皮膚常在菌が分解することで作られる物質が、ワキガのニオイの原因となります。

ワキガの人は先天的にアポクリン汗腺が多く、少ない人がある日を境に急にワキガ体質になったりはしません。
発症時期はアポクリン汗腺が発達する思春期頃からで、ワキガ体質ならこの時期からワキガ臭が気になりはじめます。


ワキガのニオイは自覚しづらい


ワキガのニオイが強い人ほど、実は自分のワキガ臭には気付かないと言われます。
なぜなら常にワキガ臭の中心に自分がいるので、そのニオイが普通だからです。
逆にワキガ臭が弱い人の方が自分のニオイに気付きやすく、そのためストレスを感じやすかったりします。

「もしかしたら自分はワキガなんじゃないか?」

そんな不安も、「ワキガがどんな臭いなのか?」が分かれば、解決に向けて一歩前進できます。

この不安を抱えたままだと不安やストレスに押し潰されて、悪化すれば「自臭症」という心の病気になってしまうケースもあるそうです。

心の病にならないための第一歩として、セルフチェックをしてみるといいかもしれません。


ワキガのニオイの具体例


ただ、ニオイは例えるだけでも大変なうえに、ワキガのニオイは種類や強さが人によって違います。
これは、アポクリン汗腺が分泌する脂質やタンパク質の量、皮膚常在菌の数など、臭いの元となる物質の量が人によって違うからです。

・硫黄臭…温泉街でおなじみの卵が腐ったような生ぐさい臭い
・スパイシー臭…カレーに含まれる香辛料のような刺激的な臭い
・脂肪酸臭…生乾きの古い雑巾をイメージさせるカビくさい臭い



他にも、

「鉛筆の芯」
「劣化したプラスチックの匂い」
「玉ねぎ」

などに例えられています。
また、複数の臭いが混ざることで、上記とは少し違う臭いが発生する場合もあるようです。


ワキガのセルフチェックリスト


ワキガの自覚がある人も指摘されただけの人も、まだ自分がワキガかどうか確信が持てなくて不安だと思います。

以下のチェックポイントに該当するほどワキガの可能性は高いと言えますが、あくまでもネット上に出回っている情報なので、目安にしかならないと考え過度の期待はしないようにしましょう。

セルフチェックリスト
  • 両親がワキガ体質
  • ワキから独特なニオイがする
  • 汗がベタついて粘りっけがある
  • 服の脇部分が汗で黄色くなる
  • 耳垢が湿っている
  • 脇毛に白い粉がつく



ワキガの診断について


ワキガの診断は、病院で受診できます。
ワキに当てたガーゼの臭いを医師が嗅ぐことで、臭いの度合いを5段階で判定します。

保険診療の病院の場合、少額ですが初診料がかかります。
また、大学病院などに紹介状なしで受診すると、5,000円程度かかります。

自由診療の場合はカウンセリングでワキガの診断をしてもらえますが、無料の場合が多いです。

診断の結果、治療を受けるかどうかはもちろんあなた自身の判断になります。

ワキガのニオイが自分ではそれほど気にならない場合は、判断が難しいかもしれません。
特に自由診療の場合、医師側から治療をすすめられても、素直には聞き入れられない気持ちになるかもしれません。


ワキガの臭いの強度を知る方法


医師側から治療をすすめられても素直に聞き入れられない気持ちになる理由はおそらく、臭いの強度判定に納得がいかないからではないでしょうか?

臭いの強度判定はあくまでも医師による印象で、その判断基準が主観的で抽象的です。

「もし軽度のワキガなら治療は不要なんじゃないか?」と、考えたりもします。
多少匂う程度なら、根本的な解決にはならなくても、デオドラント製品でのケアだけで充分な可能性も捨てきれません。

こんな場合におすすめなのが、オドレートです。
臭気判定士と機械が、あなたの臭いを徹底的に分析してくれます。
臭いの強度は数値で示されるので、客観的で具体的で公平です。

オドレート ワキガ検査キット

ただ分析してデータを示してくれるだけでなく、ワキガ治療が必要か不要かのアドバイスもしてくれます。
もしワキガ治療が必要な場合は、信頼できるクリニックの紹介までしてくれます。

オドレート 検査レポート

利用方法は簡単で、24時間着たTシャツを郵送するだけです。
費用は10,000円(税込・往復送料込)かかりますが、実際にワキガ治療を受ける際には同額の割引が受けられます。

ワキガ検査キット『odorateAP』



ワキガのケア方法


もしもニオイの強度が低くてワキガ治療が不要なら、日常的なケア方法で済ませようと考えるかもしれません。
そんな場合のケア方法をまとめました。

ケア方法
  • こまめに汗を拭くなど清潔を保つ

  • ワキ毛処理をする

  • デオドラント用品を使用して細菌の繁殖を抑える

  • 脇毛処理をする

  • 食生活など生活習慣を改善


また、デオドラント製品を使うならこれらがおすすめです。

デオドラント製品
  • 汗拭きシート

  • 制汗スプレー

  • デオドラントクリーム

  • デオドラントボディソープ


ただし繰り返しになりますが、これらのような日常的なケアを行ったとしても、ワキガの根本的な解決には至りません。
ここだけはしっかり認識しておきましょう。


ワキガの治療方法


ニオイの強度が高くてワキガ治療が必要と判断したなら、やはり病院に行くべきです。
ワキガの治療法には、「レーザー治療」「シェービング治療」「摘出法」などがあるようです。

ただ、手術をしてもワキガのニオイを完全にゼロにすることは難しいとのことです。
そもそもワキガ治療は、臭いをゼロにするのではなく減らすためなんだそうです。

それでも臭いを大幅に軽減できるなら、周りの人たちに与える不快感も大幅に軽減できます。